前へ
次へ

法律に触れてしまう違反を防止する

ハラスメントに関する法律が制定される、というニュースがありました。加害者は自分がハラスメントを行っているという自覚がないことも多いです。自覚がないので、やっていいことと悪いことの区別がつかないということになってしまいます。法律が制定されたということはハラスメント問題が発生した時、その企業のイメージダウンにもつながってしまうということになります。やっていいことと悪いことの区別というのは、その人が育ってきた環境も大きく影響をしています。ですから自覚をさせることは難しいのかもしれません。それでも企業努力で定期的に教育を行って、実例などを提示し、どういうことを行えればハラスメントになるのか、ということを理解させる必要があります。そうすることによってトラブルもある程度回避させることができるでしょう。企業努力を行う、ということはとても大切なことです。隠ぺいをするだけが問題解決にはならないことを自覚する必要があります。

Page Top